2018年07月24日

ドライエア

当社では-40℃以下の評価環境を作ったりしています。

このような室温以下の状態では、結露や凍結が問題になります。

それを防ぐものに「ドライエア」があります。

空気中の湿度を取り除いたものです。
この空気を満たしておけば、その中のものは結露しません。

ということで、このドライエアを生成する装置を導入しました。
-60℃露点のドライエアが作れます。
-60℃でも結露や凍結しない空気、という意味です。

品質の高い商品を出荷するために、もう一段ステップアップができると思います。
posted by KeenusDesign Blog at 00:00| Comment(0) | 日記